仮想OSのDirectX関連で発生したエラー対策【VMware】

公開日: 2016/04/30 vmware ゲーム 仮想PC

環境:
ホストOS Windows10
仮想化ソフト VMware Workstation 12 Player

ゲストOS Windous10(64bit)
取得:マイクロスフト
インストール:ISOファイル

Windows7(32bit)
取得:modern.IE
インストール:OVFファイル



XINPUT1_3.dllが見つかりません

d3dx9_43.dllが見つかりません

オンラインゲーム起動で発生
Windows10はDirectXが入っている為、最新DirectXで起きるエラーだと思っていたらWindows7でも同様にエラー
とりあえずDirectXのランタイムなどを使って改善されれば理想です
僕の環境ではどちらも改善されず

XINPUT1_3.dllはこちらのリンクからファイルを解凍して
ゲストOSが32bitなら
ローカルディスク(C:)/Windows/System32/
ゲストOSが64bitなら
ローカルディスク(C:)/Windows/sysWOW/
にxinput1_3.dllファイルを入れれば解消された

d3dx9_43.dllはこちらの表の下にあるdownroadから取得して同じように
ゲストOSが32bitなら
ローカルディスク(C:)/Windows/System32/
ゲストOSが64bitなら
ローカルディスク(C:)/Windows/sysWOW/
にd3dx9_43.dllファイルを入れればエラーは解消された
D3DX9_43.dllとファイル名が大文字だったのをd3dx9_43.dllと小文字に書き換える必要があった

0xc00007b エラー

Windows10で色々いじってる際、オンラインゲーム起動で発生
結局解決できず仮想OSを再構築したのですが今思えばXINPUT1_3.dllの32bit用ファイルをWindows/sysWOW/に入れてしまっていた気がする



このあたりのエラーが解消できた時点で以下の3Dゲーム用ベンチマークソフトが再生できた

  • 3dmark
  • ファイナルファンタジー14(FF14)
  • ドラゴンズドグマオンライン(DDON)
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿