さくらサーバー、リソース使用状況の詳細表示化とリソースブースト機能

公開日: 2015/05/02 WEB制作 レンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーのビジネスプランとマネージドサーバーの2タイプを利用しています

最近、サーバー管理画面でのリソース情報の変更がありました
使用状況の詳細確認が可能となりグラフ表示されます

確認できるデータの一部はさくら標準のアクセス解析ソフトのWebalizerと同じなのかなと思いますが、Webalizerの利用をオフにしてても確認できるのはいいですね
最近、アクセス数が乱高下している原因を探る為にオフにしてるので丁度良かったです

月はじめから月末にかけてアクセス数が減っていって月が変わると戻る謎
http://namidameweb.blogspot.jp/2015/04/blog-post.html


あれ、という事はWebalizerオフにしてても動いてるの?
それともWebalizerとは別に取得してるのかな


確認できるデータは

503エラー発生回数
503エラーが発生ユーザ数
CPU使用時間
ウェブ転送量
ページビュー数
ユニークユーザ数






画像はマネージドサーバーのものですが、503エラーはありませんので安心
たしかアクセスが多かった頃にMySQLデータベースで負荷の重い検索処理してたら転送量が1日200GB超えたあたりで出てたと思いますので、今のままでも3倍以上のアクセスは耐えられます

ビジネスプランも現状アクセスが少なく、ほとんど503エラーは出ていませんがアクセスが増えたら出てくるのかな


そして、新機能として『リソースブースト』なるものが追加されました
どうやら『リソースブースト』の『ブースト中』は503エラーの条件が緩和されるものらしい

無料とはいえ、連打出来る筈もなく一度の利用で2日後の24時まで。最大3日間?
で、再利用までの待機時間は14日後とあります

ネーミングやシステムがゲームのスキルやアビリティっぽくてかっこいいだけに残念ですが常時利用は目的ではなく重い処理を走らせる時やサーバー移転とかそんな時用ですかね

ふむふむ

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿